高崎商科大学前田拓生研究室主催:下仁田パンフェス2020

高崎商科大学前田拓生研究室主催:下仁田パンフェス2020

高崎商科大学前田拓生研究室では、SDGs(持続可能な開発目標)について研究を行っています。今回は「11 住み続けられるまちづくり」を実現するために、学生が独自の視点から「下仁田」を題材に新作パンを考案し、道の駅しもにたで製作・販売します。

実施日時:10/3(土)・10/10(土)ともに11:00~14:00 但し、パンがなくなった時点で終了

場所:道の駅しもにた特設スペース [http://michinoeki-shimonita.com]

協力:下仁田町役場・道の駅しもにた

 実は、弊社では今年5月から7月にかけて、前田教授のゼミ生へSDGsイノベーションをテーマにビジネスモデルを構築するオンライン講義を担当させていただきました。この講義は、パン屋をテーマにして、アイデアジェネレーションからマーケティング、サプライチェーン、ターゲット顧客、SDGsを実現するイノベーションなどを学び、下仁田パンフェスでのビジネスモデルを構築し、実際にパンを製作・販売する体験型学習です。今回、学生さんたちが、この検討内容を元に今回新作パンを考案し、製作・販売します。講義に参加した学生のアイデアが、実際の形になって販売されるのは本当に楽しみです。

 10/10は学生アイデアの審査会も実施され、私も審査員として参加させていただきます。

 お時間があるかたは、ぜひ群馬県下仁田町にある「道の駅しもにた」にお越しください。

#はじけるミライをつくろう

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。